トイレ・便器
ウォシュレット
蛇口・水栓金具
ガス給湯器
レンジフード
換気扇
小型電気温水器
浴室乾燥機 暖房機
ビルトインコンロ
IHクッキングヒーター
ハンドドライヤー
トイレアクセサリー

トイレ 便器の排水方式と排水芯について【2020】

便器取り替えるにあたってタンクレスや一体型便器や組み合せ便器といった形状や機能選びに目が行きがちかと思います。しかし便器には床と壁の2種類の排水方向と排水管の位置を示す>排水芯がある為、トイレの購入だけを考えている方、自分でトイレを交換しようと思っている方はこれらを確認する必要があります。工事業者の方は既設便器品番からの調べ方をご確認ください。こちらでは便排水方式と排水芯の基礎的な知識や見分け方、既設便器品番からの調べ方についてご紹介していきたいと思います。

排水方式とはトイレの排水を床と壁どちらに向かって流すかを指しています。
床に向かって流す排水方式は主に戸建住宅に採用されており、壁に向かって流す排水方式はマンション等の集合住宅に多く見られます。
排水方式の見分け方としましては、床排水の場合便器下に流れる排水管を見ることができず、壁排水の場合便器の後ろに流れる排水管が見えることから簡単に見分けられます。床排水のトイレに壁排水の便器は適合せずその逆もまた然りとなりますので、便器選びの際には排水方式に気を付ける必要があります。

ちなみに「床排水」はTOTO/LIXIL/Panasonic共通で「床排水」と表記されておりますが、「壁排水」はTOTO/Panasonicであれば「壁排水」、LIXILであれば「床上排水」と表記されている為、床排水と混同しないよう注意する必要があります。

床排水

壁排水

床排水排水管写真

壁排水排水管写真

排水芯とは排水管の中央から壁/床の距離を指しております。床排水の場合壁から排水管の中央までの距離、壁排水の場合床から排水管の中央の高さであり、共に排水芯〇〇〇㎜と表記されます。
便器を取り替えるにあたって床の工事を行わない場合、排水芯の範囲に対応できるリモデルタイプ(TOTOの場合264~540㎜、LIXILの場合は250~550㎜)か排水芯200㎜の便器で対応する事が出来ます。
また、LIXILのカスカディーナやTOTOのCS760等からの取替であれば、排水芯120㎜の便器で対応する事が出来ます。もし、それらの便器でも対応できない場合は床の工事を行い配管を移設する必要があり、その際に排水芯200㎜の位置に排水管を移設するのが一般的となっております。
壁排水の便器の場合は排水管の高さに対応する排水芯120㎜か155㎜の便器を設置する形となります。どちらの場合でも、現在の便器がいくらの排水芯なのかを確認してから便器を選ぶ必要があります。

排水心の種類につきましてはこちらでご紹介させて頂いております。

便器やタンクにはそれぞれに品番シールが貼付されている為、品番から排水方式と排水芯をご確認頂くのが確実です。
こちらでは品番から排水方式・排水芯の確認方法についてご紹介致します。

品番から排水方式・排水芯を確認

以下では、品番をもとに排水芯を確認できる資料を掲載させて頂いております。

TOTO

検索

すべて表示

床排水

一覧を見る

壁排水

一覧を見る

LIXIL

検索

すべて表示

床排水

一覧を見る

壁排水

一覧を見る

便器・タンクそれぞれの品番ラベルが剥がれてしまい品番確認ができない場合の確認方法を、こちらで紹介させて頂きます。

LIXIL(INAX)製品の場合

タンク蓋裏に彫り込まれている番号からタンクの品番を絞り込むことができる為、上記の資料内タンクフタ裏記号の欄をご確認ください。

どうしても既設便器の品番が分からないといった場合の為に、床排水・壁排水それぞれの排水芯の計り方について下記にてご紹介させて頂いておりますが、形状から寸法や品番を割り出す方法は、便器の事をよく理解していないと確実ではありませんので、まずメーカーに問い合わせて既設便器の画像から品番を特定する事をオススメします。

各メーカーのお問い合わせ窓口につきましてはこちらをご覧ください

床排水

壁排水

床排水の場合、便器を床に固定するねじのキャップ位置や便器背面の形状で排水芯を判別する方法があるといわれてますが、これに関しては20年以上前のTOTO製便器CSシリーズやNEW CSシリーズのみを対象としており、その他の便器にはあてはまらないため注意が必要です。

床排水の場合、便器には、床に本体を固定するためのネジがあり、設置後はキャップをかぶせてあります。このキャップは大小2種類があり大きなほうが目印となります。便器背面(タンク側)の壁から大きなほうのキャップ中心までの距離が排水芯となります。
※機種によりキャップが一つだけの場合があります

排水芯の測り方

壁排水の場合、壁から出ている排水管の中央から床までの高さが排水芯となる為、床から壁に沿って排水管中央までの距離を測る形となります。また、排水管形状には155mmの場合10℃傾斜、120mmの場合ストレートの2種があります。排水管が後ろや左右どの方向に抜けているかの確認も必要です。下記図にてそれぞれご案内させて頂いておりりますのでご確認下さい。
※狭い便器後方で行うことになる為、測り間違いには注意する必要があります。

排水芯の測り方 排水管形状 排水方向

以上、排水方式と排水芯についてご紹介をさせていただきました。
排水方式・排水芯共に普段聞き慣れない単語ではありますが、便器の取替に必要な確認事項となっておりますのでトイレリフォームの際には当ページをご参考いただければ幸いです。

    該当する商品が見つかりませんでした。

    トイレ・便器のよくあるご質問

    Q.

    便器と便座は別売りでしょうか?

    A.

    組み合わせ便器の場合につきましては便器+タンクの組み合わせ品を主に掲載致しております。また、便器とタンクそれぞれ単品での掲載も致しており、便座と組合せ便器(便器+タンク)のセット品番につきましても一部の構成のみ掲載致しております。
    尚、アラウーノVを除くタンクレストイレと一体型便器の場合、便座がセットされております。

    Q.

    リモデル(リトイレ)便器とはなんでしょうか?

    A.

    リモデル(リトイレ)便器とは配管工事無しで取替可能な便器となります。

    Q.

    取り扱いメーカーを教えてください。

    A.

    TOTO・LIXIL・パナソニック製品を取り扱い致しております。

    ダイレクトが選ばれる理由

    プロストアダイレクトは、リフォームに携わる全てのお客様に向けて、有名メーカーの様々な住宅設備機器、35,000点の品揃えをしております。
    様々な商品仕様のご確認をして頂きながら、お選び頂けるように明瞭な卸価格にて販売しております。毎日が忙しいお客様が手早くご購入できるお店を目指しています。一人親方の業者様や、工務店様、マンションの管理をしている方にとって、ネット上の仕入先として価格のみならず情報源も支援出来る様なショップとしてお店を運営しております。

    ダイレクトが選ばれる理由
    • お客様の声を見る
    • ダイレクトが選ばれる理由

    トイレを知る×

    トイレを選ぶ時の徹底比較
    グラフで見るトイレ比較
    タンクレストイレの比較
    組み合わせ便器の比較
    一体型トイレの比較
    トイレの価格で選ぶ
    トイレの節水について
    エコと節電について

    トイレ・便器

    タンクレストイレ
    一体型トイレ
    組み合わせ便器
    TOTO トイレ・便器
    LIXIL(リクシル) トイレ・便器
    パナソニック トイレ・便器(アラウーノ)
    トイレを選ぶ時の徹底比較ガイド【2020】
    タンクレストイレ(ネオレスト・サティス・アラウーノ)の比較【2020】
    一体型トイレ(GG プレアス)の比較【2020】
    ピュアレストQRとアメージュZ便器の比較 【2020】
    ピュアレストQRとピュアレストEXの違い【2020】
    トイレ機能一覧表【2020】
    トイレ 便器の排水方式と排水芯について【2020】
    トイレを節水で比較・節水トイレの選び方【2020】
    トイレの種類(タンクレストイレ・一体型トイレ・組み合わせ便器) 選び方【2020】
    アラウーノL150・アラウーノS141・アラウーノV(パナソニックトイレ)の比較【2020年版】
    TOTO トイレ・便器の排水芯一覧表【2020】
    LIXIL(リクシル) トイレ・便器の排水芯一覧表【2020】
    トイレを価格で選ぶ・比較【2020】
    トイレを選ぶ【2020】
    トイレを節電で比較・節電トイレの選び方【2020】

    トイレ 便器の排水方式と排水芯について【2020】 関連カテゴリー

    商品検索

    お探しの商品が見つからない場合は、商品名や品番よりお探し頂けます。


    取扱メーカーのカテゴリーから商品を探す

    • TOTO
    • LIXIL
    • ノーリツ
    • リンナイ
    • パナソニック
    • 三菱電機
    • クリナップ
    • その他

    商材カテゴリーから商品を探す

    copyright © 住宅設備機器のプロストア ダイレクト All rights reserved.