30,000円以上のご購入で送料無料

プロストアダイレクトの強み

トイレ・便器(20)
温水洗浄便座(14)
便座(16)
トイレ取替機能部(1)
洗面器・洗面ボウル・手洗器(1)
パブリック向け トイレ・便器(7)
パブリック向け温水洗浄便座(9)
ホテル向け温水洗浄便座(9)
洗面所暖房機(1)
水栓・蛇口(キッチン・浴室・洗面)(1)
レンジフード・キッチン・台所 換気扇(1)
小型電気温水器(1)
バス乾燥暖房機(1)
換気扇(2)
IHクッキングヒーター(2)
TOTO(15)
LIXIL(19)
リンナイ(1)
ノーリツ(1)
パナソニック(8)
三菱電機(4)
クリナップ(2)
カクダイ(1)
MAX(2)

トイレ掃除がラクになる! LIXIL(リクシル) アクアセラミックのご紹介

アクアセラミック

機能性と清掃性を兼ね備えた全く新しい衛生陶器「LIXIL(リクシル) アクアセラミック」についてご紹介します。
キレイを保つための秘密や、気になるTOTO セフィオンテクトとの比較もご参考ください。

アクアセラミックとは

従来の衛生陶器ではできなかった「ガンコな水アカ」も「汚物」もどちらも落とせる、お掃除ラクラクな衛生陶器です。

使うたびに「きれい除菌水」をふきかけて、汚れのもとになる菌を除菌します。お掃除が大変な黒ずみや輪じみの発生を抑えて、トイレの美しさを守ります。

従来衛生陶器

洗浄水に含まれるシリカが化学的に結合し、お掃除ではなかなか落とせない水アカになります。

従来衛生陶器

アクアセラミック

アクアセラミック衛生陶器表面に水酸基が出ない構造とすることで、水アカの固着を化学的に防ぎ、日頃のお手入れで水アカを落とし、いつでもキレイを保てます。

アクアセラミック

“超親水性” 陶器表面防汚技術

アクアセラミックは水になじみやすい「超親水性」となっております。
陶器に付着した汚物の下に洗浄水が入り込み、汚物を浮かせて洗浄するため、お掃除がラクになるだけでなく、 お掃除に必要な水や洗剤の使用量を減らすことが可能になります。

また、アクアセラミックは水アカの主成分となるシリカと科学的に結合しない釉薬が使用されているため、汚れの足場となる水垢が固着しにくくなっております。

アクアセラミック説明

この釉薬には高硬度のジルコンが含まれており、汚れや細菌の隠れ場所となるキズがつきにくい設計になっていますので、衛生陶器表面の美しさや清掃性を長く保てます。

アクアセラミック説明

さらに、銀イオンのパワーで黒ズミやニオイの原因となる細菌の繁殖を抑制し、トイレの衛生状態を向上させます。
抗菌製品技術評議会ガイドラインで品質管理・情報公開された製品に表示されているSIAAマークは、安心・信頼の抗菌効果が期待できます。

アクアセラミック説明

『100年クリーン』でお馴染みアクアセラミック

衛生陶器の同じ部位をお掃除ブラシで2往復こすると仮定し、約7万回(100年相当)のお掃除を想定した自社試験が実施され、従来の衛生陶器の性能とあわせることで、「キズ」「細菌」「汚物」「水アカ」の4つのトイレ汚れ全てに対応できる、世界初の全く新しい衛生陶器です。

アクアセラミック説明

2016年グッドデザイン賞 金賞

「清掃性」の解決に向け開発されたアクアセラミックは、2016年グッドデザイン賞の金賞を受賞しました。
審査委員の方が「デザインを超えた”発明”とも呼べる画期的な製品は日本のトイレ環境を激変させるだろう」と 絶賛するほどの防汚技術は、今後さらなる進化を遂げ、より便利で快適なものとなることでしょう。

アクアセラミック説明

豊富なラインナップ

アクアセラミックの衛生陶器は「より多くのお客さまの暮らしに快適な時間を届けたい」というLIXIL社の願いから、 「サティスシリーズ」や「アメージュシリーズ」などの住宅用トイレをはじめ、トイレ手洗い器等にも幅広くラインナップされています。

商品品番ではYBC-Z30Sなど、頭文字が「Y」から始まるのがアクアセラミック仕様、BC-Z30Sなど、頭文字に「Y」がついていないものが従来のハイパーキラミック仕様となっています。

※商品のグレードによりお選びいただけない場合があります。詳しくはカタログでご確認ください。

93%のお客様に満足いただいています

発売開始当初の2016年4月から2018年7月末時点までの約2年間で、洋風便器の累計出荷台数が 100万台を突破した「アクアセラミック」は、利用者様の満足度が93%と高く評価されています。

当店でもアクアセラミック仕様のトイレや手洗器をご採用いただく機会が多いので、LIXIL社の調査の通り、お客様から頂いている評価の高さが伺えます。


多くのお客さまが「アクアセラミック」の効果に大満足 Q「アクアセラミック」に満足していますか?93%満足

アクアセラミックのお手入れについての注意事項

汚れが付きにくいアクアセラミックといっても、衛生陶器はほぼ毎日使用し、使った際には必ず汚物と接触するものですので、やはりどうしても汚れが付着してしまうものです。
よりキレイで快適な状態を保つには、定期的にお手入れやお掃除を行うようにしましょう。

尚、アクアセラミックのお掃除に洗剤をお使いになる場合は、おそうじクリーナーやトイレ用中性洗剤をご使用ください。
撥水作用がある洗剤やコーティング剤、強酸性や強アルカリ性の洗剤、フッ素系洗剤や研磨剤が入った洗剤などは、せっかくの防汚効果が十分に発揮できなくなったり、衛生陶器の表面に傷がついてしまったりするので使用は控えてください。

また、お手入れに使用する道具にも注意が必要です。
金属製のたわしや研磨材入りのブラシなど、衛生陶器の表面を傷つけてしまう恐れのある掃除道具は使用しないでおきましょう。
どうしても落ちないひどい汚れや黄ばみがある場合は、水を含ませたメラミンスポンジでこすると良いそうです。

アクアセラミック説明

TOTO「セフィオンテクト」との比較

LIXIL社の「アクアセラミック」とよく似た機能の製品に、TOTO社の「セフィオンテクト」があります。

セフィオンテクトとは、従来の釉薬の上に純度の高いガラス層を均一に形成し、約1200℃の窯でじっくりと焼き付け、陶器表面の凹凸を100万分の1mmのナノレベルで滑らかに仕上げることで、耐久性に優れ、汚れが付きにくく落ちやすいTOTOが特許を取得している独自の技術です。

その耐久性は、ナイロン不織布たわしで40万回こすってもまったく傷がつかないほどといわれています。


セフィオンテクトについての詳細記事はこちら
TOTO独自技術「セフィオンテクト」でトイレ掃除が楽に!ナノレベルで汚れが付きにくい


「アクアセラミック」と「セフィオンテクト」、どちらの機能もすごいことは分かるのだけど、結局どっちを選べばいいの?というお悩みがあると思いますので、両者の便利な機能を比較したものを表にまとめてみました。

アクアセラミック・セフィオンテクトの仕様一覧

LIXIL アクアセラミック TOTO セフィオンテクト
親水性 アクアセラミックは親水性が非常に高く、陶器表面に付着した汚れの下に水が入り込み、汚れを浮かび上がらせることで、水のチカラで汚物をツルンっと洗い流すことができます。 陶器表面の凹凸を100万分の1mmのナノレベルでツルツルにし、陶器表面に水がなじむので、汚れが付きにくく、落ちやすい特長を持っています。
耐久性 同一部位の摩擦回数2往復で年間365日お掃除した場合、お掃除ブラシで約7万回(100年相当)の往復を想定。 1日5回こする想定で自社試験を実施。ナイロン不織布たわしで40万回こすってもまったくキズがつかないほどの実力。
抗菌性 ISOに準拠した抗菌(銀イオン)パワーで黒ズミやニオイの原因となる細菌の繁殖を抑制し、トイレの衛生状態を向上させます。 JISの抗菌性試験方法に基づき、黄色ぶどう球菌および大腸菌を使った試験を実施し、抗菌効果を満たしたものです。
デザイン性 2016年グッドデザイン賞 金賞 デザイン賞の受賞歴なし(当店調べ)
※ネオレストなど、セフィオンテクト仕様の商品については
数々のデザイン賞を受賞されています。
歴史 2016年~ 1999年~
後から加工
できる?
アクアセラミック・セフィンテクト共に、陶器の表面に釉薬(うわ薬)を掛けて焼き上げているものであり、現在使用しているものに後から加工することはできません。

表のとおり、アクアセラミックとセフィオンテクトどちらも親水性が高く、抗菌性に優れていることが分かりました。
ここからは私の主観となりますが、耐久性に関しては、実験で40万回こすってもキズがつかないというセフィオンテクトが長けているのかと思われます。

また、それぞれの歴史については、アクアセラミックが2016年に登場したのに比べ、セフィオンテクトは1999年に登場したとのことですので、セフィオンテクトの歴史の長さがうかがえます。

デザイン性においては、「表面のキズ」「細菌の繁殖」「汚物の付着」「水アカの固着」の4種類すべてに対応する世界初の衛生陶器で、2016年度グッドデザイン金賞受賞のアクアセラミックに軍配が上がるかもしれませんね。

なお、アクラセラミック・セフィオンテクト共に陶器表面に付着したガラス層にあたる釉薬を指しており、現在お使いの便器や手洗い器に後付けはできない仕様となっていますのでご注意ください。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回はLIXIL社のアクアセラミックの紹介をするとともに、TOTO社セフィオンテクトとの相違点についても言及しました。
世界に誇れる2社の技術の高さは、便利で快適な住空間の演出を可能にしてくれているだけでなく、私たちに喜びと感動を与えて続けてくれています。

日本のトイレ市場を牽引する、こだわり抜いた技術で生まれた新しい衛生陶器をご検討の方は、ぜひご参考にしていただければ幸いです。

LIXIL社、TOTO社の当店取扱い商品は
↓のリンクからご覧いただけます。

LIXIL トイレ・便器の取り扱い商品一覧はこちら

TOTO トイレ・便器の取り扱い商品一覧はこちら

LIXIL(リクシル) トイレ・便器の取扱商品一覧(1,821)

LIXIL(リクシル) トイレ・便器のトップページへ

TOTO トイレ・便器の取扱商品一覧(2,062)

TOTO トイレ・便器のトップページへ

トイレ・便器の取扱商品一覧(4,275)

トイレ・便器のトップページへ

copyright © トイレ・便器通販のプロストア ダイレクト All rights reserved.