トイレ・便器
ウォシュレット
蛇口・水栓金具
ガス給湯器
レンジフード
換気扇
小型電気温水器
浴室乾燥機 暖房機
ビルトインコンロ
IHクッキングヒーター
ハンドドライヤー
トイレアクセサリー

狭いトイレでも広々快適!世界最小トイレ SATIS S(サティス Sタイプ) 

2019年10月11日更新

便器には取り付けるのに必要な最小スペースというものが存在します。一般的な住宅の場合であれば0.4~0.5坪(78cm×123.5cm~78cm~169cm)が多いといわれていますが、この空間に便器を取り付けた際に最低でも便器の先端からドアまで40cm、便器の両側に壁まで15cmずつのスペースを確保しておく必要があります。
これは便器からの立ち上がりを含めた動作が可能な最低寸法となっており、
少し体の大きい成人男性であればこのスペースでも少し窮屈に感じてしまうかもしれません。可能であればさらに5cm~10cmほど余裕があったほうが快適にトイレを利用していただけるはずです。

また、便座先端から壁やドアまでの距離が近いと人感センサーが誤作動を起こす可能性もありますので、そういった点からもトイレの空間確保は重要であるといえます。

トイレを設置できる最小スペース例

それではトイレの空間に余裕を待たせたい場合どうすればよいのでしょうか?
選択肢としてはトイレを広くするか設置する便器を小さくするかのどちらかが挙げられます。
前者は大掛かりな工事が必要なためどうしても敷居が高くなりがちですが、後者であればコンパクトな便器の選定と設置で実現できるため比較的容易に行えます。
便器を選定するにあたって組み合わせ便器・一体型便器・タンクレストイレと3種類のタイプから選ぶことになり、その中で最もコンパクトなのがタンクレストイレとなります。
タンクレストイレは1990年に導入され、現在では新築やリフォームで主流になりつつあるタイプです。タンクレス型の主だったメリットとしては、他のタイプのトイレに比べコンパクトな点にあります。

小さいトイレのメリット

日本の住宅、飲食店などほとんどの場合、トイレに広い空間を割り当てられることが少なく、大半のトイレは狭い個室となり便器と扉の距離感がとても近くなってしまいます。だからこそ先述のタンクレストイレのような小さな便器を設置することでトイレの空間が広く感じることができるのです。その中でもLIXILが製造販売する最もコンパクトな世界最小タンクレストイレ SATIS Sであればトイレスペースの問題解決に近づく事はいうまでもありません!


タンクレストイレ最小サイズのSATIS S

ここでSATIS S が如何にコンパクトなのかをご紹介させて頂くと、SATIS Sは奥行き65cmであるのに対しパナソニックのアラウーノやTOTOのネオレスト等のタンクレストイレが奥行き70cm前後とSATISが他のタンクレストイレに比べ奥行きが5㎝コンパクトになっております。この「5㎝」というのは数字上では微細と思われるかもしれませんが、狭い個室内の動作範囲を考慮すると無視できる値ではありません。
足元がすっきりするので狭いトイレの窮屈さを解消し、トイレの快適性を向上さするのにぴったりのトイレであるといえます。
この様にSATIS Sは世界最小サイズの名前を持つ通り、奥行きだけでなく、見た目もすっきりとした無駄がないシンプルな作りになっています。


SATIS Sのその他特長

SATIS Sは小さいだけではありません。
ここからはSATIS Sのサイズ以外の特徴についてご紹介したいと思います。

お掃除が簡単になる機能

手間のかかるトイレ掃除をなるべく楽にする工夫や機能がSATIS Sには満載です。

フチレス


パワーストリーム洗浄

・便器本体は水アカに強く、ついた汚れも浮きやすい作りのアクアセラミック加工
・強い水流で、少ない水であっても汚れを一度でしっかりと流すパワーストリーム洗浄。
・さっと拭き取るだけで汚れも取ることができるフチレス形状。
・リモコンを操作するだけで機能部が持ち上がり隙間汚れなどもいつでも掃除をすることができる電動お掃除リフトアップ機能。
・便座には、防汚素材を使われており、汚れの溜まりやすいつなぎ目もない為ひと拭きするだけで綺麗な状態を保てます。

ニオイも気にならない

気になりがちなトイレのニオイもSATIS Sならスマートに解決。

・トイレの便器だけでなく、ノズルや便座裏に至るまでプラズマークラスターイオンが丸ごと消臭・除菌する衛生面でも安心な鉢内除菌
・気流を発生させ便器内から立ち上るニオイをシャットアウト&脱臭しトイレ空間にニオイが広がるのを防ぐエアシールド脱臭
・設定時間に自動でカバーが開き、トイレ空間もプラズマクラスターでしっかり消臭するルームリフレ

節水につながる

さらに水量を節約したいという方にとっても、SATIS Sは最小水量を使うのでお得です。

1989~2001年頃に発売された従来のトイレでは、1回の排水で大、小共に13L位の水を流していました。しかし、SATIS Sでは大で4L、小だと3.3Lの水量で排水ができるため、約78.2%も節水されることになります。4人家族(男2人、女2人)、一日の便器使用回数(大1回、小3回/人・日)で約16回トイレを使うと言われていますので、1日に256L流していた水の量が55.6L程度になる計算になります。年間で考えても大小13Lで流していた時が20,118円、SATIS Sの大4L、小3.3Lは5,378円とかなり水道代の削減する事が出来ます。

デザイン性の高さ

世界最小サイズのコンパクトさが魅力のSATIS Sは、どのようなイメージのトイレにもマッチする直線的なフォルムが特徴のシンプルでスタイリッシュなデザインのためトイレをすっきりと見せることができます。

サティスSタイプ設置イメージ

今のトイレをさらに快適にしたいという方はもちろん、トイレ空間をオシャレにしたいという方にうってつけのトイレです。

SATIS Sまとめ

トイレは美しく快適であるべき、本物のStatisfaction(満足)をというコンセプトのもと開発された、SATIS Sはここまでご紹介の通り、機能面・デザイン面おいても高水準なトイレであることは間違いありません。
それらの条件を満たしつつもトイレのコンパクトさを最も重視される方であれば、一番小さいSATIS Sがおすすめです。

また、ここではご紹介しきれませんでしたが、SATISには世界最小サイズのSタイプの他に高級感あふれるデザインのGタイプが御座います。
サティスの更に詳しいご紹介につきましてはSシリーズ、Gシリーズ共に

リンク⇒SATIS S / リンク⇒SATIS G

にて掲載させていただいておりますのでよろしければご覧ください。

関連カテゴリ

サティス , トイレ・便器

copyright © 住宅設備機器のプロストア ダイレクト All rights reserved.